銭ゲバ(4)の説明です

政治の世界をも牛耳ろうと目論む風太郎は、大物政治家である神の娘さおりに接近するが……!?  自らを「銭ゲバ」と呼び、金のためには人を殺めることさえもいとわない男、蒲郡風太郎。
彼の人の世に生きる苦しみと、真実の愛への渇望を力強く描いたジョージ秋山渾身の力作、ついに完結!!伝統の街、金沢――東京から友禅を勉強するためやってきた浅川は、美しい女性が泣いている姿を目撃する。
彼女の名は瑞希といい、浅川の弟子入り先の一人娘だった。
やがて二人は急速に惹かれあう。
しかし瑞希には許婚がいて……。
表題作「愛染恋歌」他、5作品を収録!!叔父に伴われヴェネチィアを発ったマルコは元の上都に至り17年後に帰国するが、ジェノバの獄につながれその獄中で語られた見聞録は、たちまちヨーロッパ各国語に翻訳された。
読みやすさで定評のある名訳。
原典は、弟子の唯円が師の言葉を聞き書きし鎌倉中期に完成させたもの。
人生や社会についの懊悩のはてに到達した親鸞の思想は、現代人にも通じるところが多い。
財界人などからなる在野の研究成果として定評あるもの。
あなたは、まだ良い論文を書こうとおもっていませんか? 卒論や小論文でのつまずきの石は、そこにあります。
まず、今までの「常識」を捨ててください。
論文に「独創的な考え」や「オリジナリティ」など必要ありません。
必要なのは、論文という「形式」にしたがって書くことだけなのです。
この本は、卒論や小論文試験に最小限の努力で合格したいという、そんな「要領のいい人」のための実践指南です。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008623

Navigation :

Ads by Sitemix