ブルジョワ刑事(6)です。

新宿能楽署に復職した女刑事の麻生ナナは、心に追った深い傷をブルジョワ刑事こと武者小路陽介に癒されことで心を奪われる。
一方の陽介も徐々にナナに惹かれはじめる。
それを知った鹿鳴館公の後継者候補の一人で陽介を愛する綾小路妹子は、ナナに決闘を申し込むのだが…。
そんな折、ペットショップを舞台にした連続殺人事件が起こる。
我らがブルジョワ刑事は、無事事件を解決に導けるか!新宿能楽署を襲撃され、ブルジョワ刑事こと武者小路陽介たちはロシアン・マフィアを追ってニューヨークへと向かう。
ようやく、マフィアの身元を洗い出しアジトへと突入しようとするが、彼らを待ち受けていたのは史上最悪の生物兵器だった! さらに、そこには予想もしなかった最悪のシナリオが…。
陽介たちはマフィアを倒し、無事に日本に帰ることは出来るのか!? 驚愕の最終巻!!姉妹、父娘、はたまた義兄妹――。
トラブルや誤解、錯覚にいきちがいなど、親族間にはごたごたの種がいっぱい!! 他人なら許せるものでも、身内だからこそ許せない! というのはよくある話。
そんな身内間の愛憎を描いた「身内戦争」3部作の他、初恋を忘れられない、切ない女心を描いた『恋人もどき』を収録。
大学4年生の園生は、与謝野晶子と同じくして歌壇に現れた山川登美子を卒論のテーマに選ぶ。
登美子の足取を追いかけるうちに海瀬と知り合い、園生は婚約者のいる身ながら次第に彼にひかれるようになる。
しかし海瀬にも秘密があった…。
時代を超えた運命に導かれる恋を描いた表題作をはじめ、全4編を収録。
遠井夢二は大スターになる日を夢に描いていたが、ある事件をきっかけに病身の母を置いて上京、作曲家の里口の下に弟子として入る決心をする。
「人間なんて星屑みたいなもの……」。
幼い頃に聞いた母の言葉に突き動かされ、欲望の中を生きる、青年の姿とは…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009168

Navigation :

Ads by Sitemix