750ライダー(2)です。

750の排気音、腹の中にまで届くあの音が、ある時は怒り狂う海鳴りのように、ある時は赤ん坊の泣き声のように……ある時はやさしい母の子守歌のように… 毎朝、家の前の土手を、光と750が通るのを楽しみに待つようになっていた少年。
光は少年と仲良くなっていったが…ガソリンスタンドで働く丸井は、たまたま光の750にガソリンを入れた。
後から、2リットルしか入れないなんてあんなのは客じゃない、と上司に怒鳴られる。
一生懸命仕事をしても、のろま、役立たずとののしられて…ブラックベア―は皆働いていて、土曜日だけ集まって走るライダー。
しかし、世間や警察は暴走族だと白い目で見る。
ひき逃げされた子供を助けたのはブラックベア―の隊長だった。
暴走族と呼ばれるやつらだからこそ、命の大切さを知っている…ピットインでマスターから、ライダー専門の恐喝事件のことを聞いた光。
誰ともつるんでいない単機のマシンをねらって恐喝するらしい。
気分が悪くなった光は委員長との約束をすっぽかして…今日も幼い兄弟たちの面倒を見る順平。
光たちは海に行く計画をたてたが、約束の時間になっても順平が現れない。
光は順平を迎えに行ってみると、アルバイトに行ったと言う。
バイクを買うためのバイトだと思っていたが、弟想いの順平は…続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006264

Navigation :

Ads by Sitemix