[コミック雑誌版]蒙古笑来を考える

“その時歴史は―4コマのネタになった!?”――「殿!! 蒙古軍が襲来してきましたっ! 武装した兵士、その数3万8千2百54名!!」。
どーでもいいけど、なんでそんなにピッタリ数がわかる!?“漫画史に残る珠玉の短篇時代マンガ”――貧乏! 女の優しさも愛情も下町の気風も、粉々にしてしまう地獄! 気立てもきっぷもいい<おせん>。
朝早くから働きづめで祖母と弟・太一とを養う暮らしが、おせんの肩にズシリと乗っていた…。
“藩命に背く真の侍の道とは…?”――大阪陣以来、増え続けている浮浪児。
彼らの面倒をみる武士・葛西。
「浮浪児を斬れ」という藩命に異議をとなえる葛西は、重臣たちに「太刀甲冑なぞのうてもまことの侍の道は果たすことができ申す」と言い放つ。
「ならばその証しを立ててもらおうか」と言われ…。
藩命と侍の道、二者択一を迫られた武士が挑んだ戦いの場とは!?“変態”前野、“あしたのジョーおたく”井沢、“ムッツリスケベ”田中、“ハーフでワキガ”田辺ミッチェル五郎、“女殺し”木之下、そして部長の竹田。
稲豊中学校、卓球部の六人は、今日も練習に励んでいた。
ある日、前野に告白しようとする女子が現れた! 前野と「女なんかくそくらえ会」会長と副会長の間柄だった井沢は激怒して…!? あの伝説のバカたちが帰って来た!稲中卓球部に女子マネージャー・岩下京子がやってきた! 来たる大会の抽選会、竹田は岸中を一回戦で引いてしまう。
毎回優勝候補に上がり、テレビの「卓球教室」のお手本役で出ちゃうようなすごい奴らを相手に、前野たち部員はすっかりやる気を失う。
だらしのない部員たちに、京子は全勝した者にもれなく「一年間有効フリースケベ券」をプレゼントという暴挙に出るが…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008377

Navigation :

Ads by Sitemix